福井県立高校入試 藤島高校 ボーダーライン・合格ライン

 

福井市の国語に強い学習塾

夢盟塾福井校の原谷です。

 

※はじめに
この記事は、2019年度福井県立高校入試のデータを基にしたボーダーライン予想記事です。
最新データをもとにした予想記事は、今秋にアップする予定です。

 

 

福井県立高校入試の平均点を踏まえて、

今回は藤島高校のボーダーライン・合格ラインを見ていきましょう。

 

藤島高校 ボーダーラインと合格ライン

ボーダーライン・合格ラインを、次のような数値で表します。

Aライン:合格率80%オーバー いわゆる合格圏

内申や各教科得点の偏りに不安が無ければ、大抵合格。

Bライン:合格率50% いわゆるボーダーライン

内申・英語加点に大きく左右される。

Cライン:合格率20%以下 いわゆる合格者最低点

内申・英語加点がよほど良い人が、稀に受かる。

 

 

2019年度福井県公立高校入試では、

藤島高校のボーダーライン・合格ラインは、

次のような数値であったと予想されています。

 

Aライン:435点

Bライン:425点

Cライン:410点

 

福井県は、内申点で最大45点、英語検定取得による加点が5~15点

(ただし、英語本試験との合計点上限は100点)

と、少なめとはいえ本試験以外の部分も影響するため、

明確なボーダーラインを見出すことはできません。

(県教委からも、公表値はありませんね…)

 

 

ですが、実際の受験者から点数開示した点数を調査していくと、

どうもボーダーラインは425点付近になるようです。

 

これらのラインを、平均点281点 と比較していくと、以下のようになります。

 

平均点 :281点

Aライン:435点 (平均+155点)

Bライン:425点 (平均+145点)

Cライン:410点 (平均+130点)

 

あとは、受験者の内申・英検加点の平均値がどれくらいか分かれば、

合算したボーダーラインも出せそうですね。

福井県教委の方々、期待してます。

 

ちなみにこの平均+〇〇点の考え方。

これは、定期テストでも、実力テストでも、どんなテストでも使える万能の指標です。

藤島高校に合格したい!!

そう考える中学1・2年生のみなさんは、

定期テスト・実力テストで平均+150点を常に目標にしましょうね。

 

 

定期テストや実力テスト、そして県立高校入試の国語で差をつけたい!でも、どうやって勉強したらいいか、分からない…

そんな国語でお悩みの福井市の中学生のために、夢盟塾福井校は、福井市でも数少ない国語専門塾として、国語読解指導を行っています。

国語読解は、ルールの理解と練習の継続、つまりは努力で必ずできるようになります。

国語ができるようになりたい!そんな気持ちが少しでもある中学生、是非一度夢盟塾福井校の国語読解指導をお試しください。

お問い合わせはこちら