福井県立高校入試 高志高校 ボーダーライン・合格ライン

こんにちは。

藤島高校・高志高校・上位校合格請負塾

夢盟塾福井校の原谷です。

 

 

今日は、昨日の予告通り、

高志高校のボーダーライン・合格ラインを見ていきましょう。

 

 

高志高校普通科 ボーダーラインと合格ライン

昨日示したラインについて、おさらい。

 

Aライン:合格率80%オーバー いわゆる合格圏

内申や各教科得点の偏りに不安が無ければ、大抵合格。

Bライン:合格率50% いわゆるボーダーライン

内申・英語加点に大きく左右される。

Cライン:合格率20%以下 いわゆる合格者最低点

内申・英語加点がよほど良い人が、稀に受かる。

 

 

2019年度福井県公立高校入試では、

高志高校のボーダーライン・合格ラインは、

次のような数値であったと予想されています。

※平均点との比較も同時に行いますね。

 

 

平均点  281点

Aライン:410点 (平均+130点)

Bライン:390~400点 (平均+110~120点)

Cライン:380点 (平均+100点)

 

 

高志高校の定員は、高志中学校からの進学を除くと、160名。

2019年度の倍率は1.91倍と、過去最高を記録しました。

しかし、受験者層の学力レベルは藤島高校よりも少し下がるため、

ボーダーラインも少し低めの390~400点。

高倍率での競争となったため、ボーダーライン付近は大混戦。

まさに神頼みの結果となったでしょう。

 

 

これから高志高校合格を志す中学1・2年生は、

平均点+130点、つまりはワンランク上の藤島高校に合格する勢い

毎回の定期テスト・実力テストに臨む必要がありますね。

 

 

では、今日はここまで。

明日は、福井県の高校入試事情について、

お隣石川県と比較しながら考察していきますね。

それでは、また明日。