かぼちゃにまつわる雑談

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

藤島高校・高志高校・福井大学附属義務教育学校・上位校合格請負校

夢盟塾福井校の原谷です。

 

 

10月31日は、ハロウィン。

日本古来の祭りではありませんが、楽しめるものは楽しみましょう。

 

今日は、そんなハロウィンと深いかかわりのある野菜、

「かぼちゃ」について、一つ雑学を。

 

かぼちゃは漢字で表すと「南瓜」ですが、

ハロウィンと同じく、日本の在来種ではありません。

かぼちゃは戦国時代ににポルトガルから伝わりました。

「南蛮から伝わった瓜」だから「南瓜」というわけですね。

では、「かぼちゃ」という言葉は、どこから来たのでしょうか?

 

 

みなさんも、少し考えてみましょう。

それっぽい理由を、こじつけてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

では、続きを。

「かぼちゃ」という名前は…

ポルトガル語でカンボジアを表す「Camboja」が訛ってつけられた

というのが有力な説です。

カンボジア→カボチャだったというわけですね。

 

 

ちなみに。

かぼちゃは英語で?

 

そう。パンプキン。正解。

ですが、残念ながら不正解でもあります。

 

私たちはかぼちゃを英語で「pumpkin(パンプキン)」といってしまいますが、

パンプキンは特に果皮がオレンジ色の品種を示します。

 

 

その他の品種は「squash(スクウォッシュ)」と呼ばれるそうです。

日本のかぼちゃと言えば皮は緑色なので、

パンプキンではなくほとんどスクウォッシュとなりますね…。

パンプキンパイではなく、スクォッシュパイ…

 

ま、美味しければOK!

栄養豊富で風邪予防にも効果的なかぼちゃを、たくさん食べましょう!

 

 

 

さて、ここまでお話ししたような、雑談や豆知識。

中学入試、特に福井大学附属中入試においては、

とても重要な要素になります。

 

それはなぜか。

次の記事に続きます。