睡眠時間と記憶

 

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

藤島高校・高志中高・福井大学附属義務教育学校・上位校合格請負塾

夢盟塾福井校の塾長です。

 

 

今日は、睡眠時間と、記憶にまつわるお話。

 

 

記憶の定着と、睡眠時間の確保には大きな因果関係があります。

厳密には、長期記憶の定着には、一定時間以上の睡眠が不可欠、と言われています。

試験前一夜漬けの短期記憶は別として、

定期テストや入試に向けての長期的な勉強を行っていくうえでは、

『睡眠時間の確保』は『勉強時間の確保』と同レベルの重要性を持っています。

 

睡眠には、大脳の活動が停止しているノンレム睡眠と、

大脳が活動しているレム睡眠(夢を見る睡眠)とが交互に繰り返される、という特性があります。

この二つの睡眠が1セットでおよそ1時間半なので、

1時間半の倍数の睡眠時間をとると、レム睡眠の終わりにすっきり目覚められる、

といった話を聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

しかし、単純に1時間半の倍数なら何でもよい、ということではないようです。

なぜなら、このノンレム-レム睡眠のセットは、

回数によってそのノンレム睡眠の長さ=眠りの深さが異なるからです。

ノンレム睡眠の長さは、眠り初めの2セット~3セットが最も長く、

終わり(目覚める前)の2セットが短くなるようになっているようです。

このため、眠りについてから3時間~4時間半ほどは、揺すっても起きないような深い眠りに、

4時間半以降は夢うつつの浅い眠りになり、起床しやすくなる、ということです。

 

ん?2時に寝ても6時半に起きるなら、

最初の深い眠りがあるからそれでいいんじゃね?

 

そう思ったあなた、残念。

記憶の定着に必要なのは、後半の浅い眠りのときのノンレム-レム睡眠なのです。

前半の深い眠りの際には、前日の嫌な記憶の忘却を、

後半の浅い眠りの際には、前日の有用な記憶の整理・定着をおこなっているそうです。

つまり、睡眠時間が4時間半以下の人は、

ただ前日の嫌なことを忘れて、頭がボーッとした状態で起床することになります。

前日の勉強内容が脳に定着しないのみならず、

この状態では、脳も十分なパフォーマンスを発揮することができないため、

そのまま一日ボーッと過ごす以外なくなってしまうというわけです。

 

 

長ったらしい能書き(脳だけに)はここまでとして。

 

点数上げたけりゃ、たくさん記憶したけりゃ。

最低でも1日6時間以上は寝なさい!

 

12時(てっぺん)回ってから無理に勉強しない!

スマホ・ゲーム・なんて言語道断!

成績上げたきゃちゃんと寝ろ!

 

 

よし、私も今日は早く寝る!

今日の肩のトレーニングの動きを定着させないといけないんでね。

Good Night!