ゲームのこれまでとこれから

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

藤島高校・高志中高・福井大学附属義務教育学校・上位校合格専門

夢盟塾の塾長です。

 

今日は、ちょっぴり懐古的なお話。

 

私は子供のころから、そこそこゲームを嗜んできました。

ですから、生徒たちに対しても、ゲームというものを全否定することはしません。

世の中にあるエンタメの一つですから。

日本のカルチャーといってもいい。

 

ですが、何と言いますか…

最近のゲームの在り方には、一抹の寂しさを覚えるところがあります。

 

その前に、私のゲーム観をちょっぴり紹介。

 

私が生まれたころは、ちょうどスーパーファミコンが発売されたころ。

幼児のあいだに、プレイステーションが発売。

小学生になったころに、ニンテンドー64が発売。

中学年になったころに、プレイステーション2が発売。

高学年になるころに、ニンテンドーゲームキューブが発売。

中学生の時にWiiとプレステ3が発売。

とまぁ、大手ゲームメーカーのハードの変遷とともに生きてきたわけです。

 

好きなジャンルは、多々あります。

RPGやシミュレーションゲーム、アクションゲームはもちろんです。

ドラクエ・FF・スパロボ・バイオハザード・ドラゴンボール超武闘伝などなど…

いろいろやっては、友達と攻略について語り合いました。

 

そんな中でも格別に好きだったゲームは、やはり、パーティゲームでした。

マリオパーティや桃太郎電鉄のようなボードゲーム。

大乱闘スマッシュブラザーズやカービィのエアライドなど。

友達の家に集まっては、ワイワイガヤガヤやったものです。

高校生のときは…もっぱらモンスターハンターでしたね。

 

これが、私のゲーム観。

ゲームを通して、友達と仲を深め合った思い出が、今でも思い起こされます。

勿論、勉強も頑張りましたよ!

 

 

ですか、いつからでしょうかね。

ゲームといえば、『オンライン』が主流になっていました。

友達と面と向かって会うのではなく、オンラインで落ち合う。

それが、今のゲームの主流です。

 

単純に、私が年を取って、遅れているだけかもしれません。

でも、何となく思っちゃうんですよね。

 

『今の子どもたち、四六時中オンラインで友達と会って、楽しいのかなぁ』って。

友達と会うって、そういうことでいいのかなぁ、って。

私には、あんまりイメージが湧きません。

 

しかし、それもまた、時代の流れなのでしょう。

直接会わずとも、コミュニケーションが取れる。

それもまた、情報技術の発達の恩恵であり、享受すべきだ、と。

 

ただ、これだけは言いたい。

 

時間かまわず友達とオンラインでゲームできるということは、

歯止めをかけるのが極めて難しい。

やるべきことを、勉学を、ちゃんとできるか?

 

結局、人は人と面と向かってコミュニケーションをとらなければ、生きていくのは難しい。

チャットでは話せるけれど、面と向かっては話せない。

そんなコミュニケーション能力が欠如した人間に、なっていないか?

 

ゲームというものが、エンターテインメントの領域を超えて、

子どもたちの能力を奪ってしまわないか。

それだけが、心配です。

 

ゲームを楽しみつつ、大事なことは、忘れない、間違えない。

そんな見識のあるお子さんに、なってもらいたいですね。