三者面談の判定

多くの公立中学校での三者面談が行われている頃ですね。

学校の先生との話し合い。

拍子抜けするほどアッサリ終わる人もいれば、

かなーりキツい面談になる人もいるでしょう。

 

そこで、三者面談に関する小話。

三者面談で、学校側が提示するライン。

これ、どんなラインか分かりますか?

 

ボーダーライン?

合格ライン?

安全ライン?

 

正解は、安全ラインです。

合格率、90%越えです。

基本的に、太鼓判は押せる人にしか押しません。

従って、学校からの太鼓判=安全ラインということになります。

 

では、学校に厳しいことを言われた=不合格?

そうではありませんね。

基本的に、太鼓判を押されなかったとしても、

ボーダーラインは確保できている人もいます。

 

ですが、そんな人に今太鼓判を押すとどうなりますか?

十中八九、年末年始で気を抜くでしょう。

そして、年明けはボーダーラインを割るでしょう。

ですから、『あなたも安全圏に入れるよう励みなさい』という檄を入れるために、

三者面談では厳しいことを言われるわけですね。

非常に理にかなっています。

 

ですから。

 

『学校に厳しいこと言われた。諦めよう…』

ではなく。

 

『次の三者面談で認めてもらえるよう、年末年始頑張ろう!』

が正解です。

 

公立高校についてはね。

私立高校の志願先については出願が年明けに迫っているため、

かなり煮詰めていく必要がありますね。

 

以上、三者面談小話でした。