伸びしろを絞る

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

藤島高校、高志高校、高志中学校、福井大学附属義務教育学校

上位校合格専門塾 夢盟塾福井校の塾長です。

 

年も明けて、福井県立高校入試まであと二カ月となりました。

『あと二カ月しかない!』

そんな焦りが生まれることでしょう。

 

ですが、大事なのは、

『あと二カ月もある!』

そうポジティブに考え、冷静にかつ迅速に行動することが肝心です。

そして、その行動も、目的を絞ったものでなくてはいけません。

もう、全てのことに手を出せるほど、多くの時間があるわけではないですからね。

 

まずは、分析。

年明けに行われた模試・実力テストの確認をしましょう。

そこで考えることは

 

〇志望校ボーダーラインとの比較

藤島高校のボーダー・合格圏まで何点足りないか

〇各教科の得点バランス ← ここが重要!

各教科平均プラス何点取れているか、また足りないか

 

ここまで分析した後、今後のプランを立てます。

プランを考える上で大事なことは、

『どの教科であと何点取るか』

明確なビジョンを持つことです。

これが曖昧だと、残り短い期間での勉強時間を

分散させることに繋がりかねません。

 

 

英語 で +15点 (あと4、5問)

そのために…長文読解で点数を取る!

そのために…まずは短文読解を完璧にする!

どうやって…短文読解問題集に取り組み、間違えた文法などをその都度演習する!

いつまでに…私立入試までに

 

社会 で +20点 (5、6問)

そのために…公民であと15点、記述で5点取る!

どうやって…公民は新研究を3週する、記述問題集に取り組む。

いつまでに…1/31までに

 

 

このように、

・どの教科・分野であと何点取るか

・そのために何を、いつまでにやるか

具体的に定めると、取り組みやすいですよ~!