私立入試と、悔し涙

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
藤島高校・高志高校・高志中学校・福井大学附属義務教育学校
上位校合格専門塾 夢盟塾福井校の塾長です。

 

本日、石川県では私立高校入試が行われました。

夕方、入試を終えた生徒を教室で迎えたのですが…

 

一人、号泣。

普段、決して泣く子ではないのですが…

 

話を聞くところ、午前の教科を相当やらかしたらしく、

それがもう、悔しくて悔しくて…

とのこと。

 

それを聞いた私は、

「私立入試でよかったじゃん!国公立入試に生かそうよ!」

と、声をかけると同時に、

(本当に、よい経験をしたな、この子)

と、思いました。

 

そもそも。

心の底から悔しくて泣く、なんてこと、人生においてそうそう出会えません。

日々、本気で勉強に時間を傾けているからこそ、悔しさが込み上げてくるのです。

 

そして、もし今回、たまたま上手くいっていたとしたら。

この後の本命の入試で、同じようにミスを連発していたかもしれません。

本当に成功したい入試の後に、これだけ凹んでいたかも。

 

今日、ミスして、これだけ悔しかったから。

次は、絶対に、ミスしない。

そんな思いが生まれてきます。

 

今日はゆっくり、おやすみ。

明日から、また頑張ろうぜ!