論語に学ぶ『仁』

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

藤島高校・高志高校・高志中学校・福井大学附属義務教育学校

上位校合格専門塾 夢盟塾福井校の原谷です。

 

最近、この本を読みました。

高橋源一郎 著

一億三千万人のための『論語』教室

 

タイトルの通り、孔子が著した『論語』を、

現代人にとって分かりやすく解説・紹介してくれる本です。

 

これを読んだ人は、十人中十人が思うことでしょう。

「孔子さん、めちゃくちゃいいこと言ってんじゃん!!」

かくいう私も、その一人です。

 

今日は、この書の文章の中をから、

『仁』にまつわる言葉を紹介。

 

 

そもそも、『仁』とは何か?

 

 

 

この『仁』ではないです。

や、この『仁』も、『仁』を体現しているといえますけどね。

 

 

孔子は『仁』について明確な定義はしていませんが、書中の解釈では、

”他者の心中を思いやることであり、深い人間愛を基本とするもの”

”人間として正しい道を生きるという高い志”

と言われています。

 

そんな『仁』について、孔子がこのように話しています。

※「」内は、高橋源一郎氏の解説を抜粋。

 

子曰く、志士、仁人(じんじん)は、生を求めて以て仁を害するなく、身を殺して以て仁を成すあり。

「高い志(こころざし)を持った人間、それから、人間として正しく生きる道をきわめた人間は、命が惜しいからといって、自分の理想を捨てることはしません。たとえ命を失おうと、理想を実現させようとするでしょう。そういうものなんです」

子貢、仁を為さんことを問う。子曰く、工(こう)、その事を善くせんと欲すれば、必ず先(ま)ず其の器を利にす。是の邦に居るや、其の大夫(たいふ)の賢(けん)なる者に事(つか)え、其の士の仁なる者を友とす。

子貢がセンセイに質問をした。

「センセイ、『仁』を身に付けるのにはどうしたらいいでしょうか」

「そうだね。大工がいい仕事をしようと思ったら、まず、道具を磨き、きちんと整備するでしょう。『仁』もまったく同じです。自分を磨いてくれる立派な先生を見つけて教えてもらい、やはり自分を磨いてくれるような、同じ志の仲間を見つけて切磋琢磨(せっさたくま)する。それしかないでしょうね」

 

私は進学塾の人間ですから、目標はもちろん、成績向上・志望校合格です。

が、それと同時に教育者の端くれでもありますから、

塾生の人間性も磨いてあげたい、と思います。

 

私は『仁』を磨いてあげられるような先生を目指しますし、

また、『仁』を磨きたいと思う仲間を集めたいです。

 

逆に、人間性がよろしくない子は…お断りですかね。

まぁ、その辺りは人間の相性の問題かもしれませんね。

 

今日の記事で『論語』に興味を持った人は、

是非一度、読んでみてくださいね。