数学が50点以下で停滞する、新中2・新中3諸君へ

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

藤島高校・高志高校・高志中学校・福井大学附属義務教育学校

上位校合格専門塾 夢盟塾福井校の塾長です。

 

現在、新中2・新中3の子達には、模擬進級テストを受験してもらっています。

 

カチッとしていて、実力がないと点数が取れないテストです。

逆に言えば、ちゃんとした実力を備えていれば、そう難しくはないテストです。

このテストは、福井校の春期講習を受講される子にも受験してもらいますね。

受講前の力試し、とでもお思い下さい。

 

さて、本題の数学のお話し。

 

そんなテストを塾生・体験生両方にやってもらっているのですが、

やはり、塾生と体験生によって差が大きく開くのです。

 

長くやっている塾生の子だと、大体80点以上から満点。

体験の子や、最近来たばっかりの子だと、50点以下。

こういった傾向に大方なります。

どうして、こんなにも差がついてしまうのでしょうか。

 

才能?いいえ、違います。

ズバリ、『計算の精度の違い』です。

 

ハッキリ言って、計算が下手くそなんです。

どういった点が下手くそなのか。

 

①途中式を書かない

②分数の計算ができない

③正負の乗除による符号の入れ替わりが出来ない

 

大抵は、上のみっつのどれかです。

3つ全部重複している場合が多いですがね。

※他にも、

字が雑過ぎて書いた本人すら見間違う

筆算のやりすぎで数字の扱い方が下手くそ

というのもあります。

 

計算が合わないから、答えが合わない。

多くの問題を、そうやって落としていくのです。

そりゃ、50点取れるわけがない。

 

僕と長くやっている子には、「計算は100問やって100問正解しろ」と常々言い聞かせています。

かつ、入塾時に計算がザルだと判断した子には、計算ミスのメカニズムを説明した上で、計算を徹底的に叩き直します。

計算に不安がなくなった塾生の点数は80点以上で安定しています。

 

今日も、体験の生徒と計算特訓を始めました。

私が決めたルールのもとに、ひたすら計算練習。

途中式を必ず書いて、一つずつ計算。

丸付けをして、不正解なら、どこが違ったのが原因究明をしながら再度計算。

この繰り返しです。

 

数学が50点以下で推移している、そこのアナタ。

まずは、計算特訓からです。

 

夢盟塾福井校の春期講習で、あなたの数学の悩みをズバッと解決します。

もちろんハードですが、20点以上の点数アップは望めますよ。

 

嘘か誠か。

確かめてみてください。

 

お申し込みはこちら