個人塾に求めるもの

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

藤島高校・高志高校・高志中学校・福井大学附属義務教育学校

上位校合格専門塾 夢盟塾福井校の塾長です。

 

最初に、余談。

今日は、チラシをご家庭にお配りしていたのですが。

頑張りすぎて、こんなことに。

に、25000歩、22.6km…

身体から、カツカレー一杯分のカロリー消えとる…

 

ですが、これから元気に生徒と演習です。

Power! …ハッ(笑顔)

 

 

余談はさておき。

今日は、「個人塾」について、みなさんと考えてみようと思います。

 

先週末、新聞の広告欄で、とある塾さんの合格実績を見つけました。

『藤島高校〇名 高志高校〇名 全員合格!』

おおお、すげー。

いや、冷やかしでも何でもなく、本当にすげー。素直にうらやましい。

偏差値60越えの高校を、合計2桁人数全員合格は、並じゃないですよ。

 

どんな人がやってる、どんな塾なんだろう!?

わくわくしながら、さっそくHPにアクセス。

塾の概要を拝見させていただく。

 

 

ふむふむ。

ほーほー。

はー、なるほどぉ。

 

 

いやー、これは強い『個人塾』ですわ。

これだけの実績が出るのも、納得がいく。

 

何を見て、そう思うか。

 

この塾の塾長さん、絶対に賢いし、面白いし、自分に自信もってる。

 

…え?そんなこと?

指導法とか、使ってる教材とか、そういうんじゃなくて?

 

ええ。そうなんです。

『個人塾』は、『その塾をやってる人間が全て』なんです。

教材や指導法なんてものは、個人塾においてはあくまで一端に過ぎません。

その塾をやってる塾長(または教室長)の、人間性がほぼ全てなのです。

 

大手塾さんの多くは、「集団講義型」または「少人数個別指導」を取り入れています。

担当の先生は毎回違うか、同じだったとしても、個人的に関わることは多くはありません。

(それ自体が良い悪い、という問題ではありません。)

 

ですが、個人塾では、どんなスタイルの塾であれ、ほぼ毎回、同じ人間と顔を合わせます。

夢盟塾では、現状スタッフは私原谷しかおりません。

お子さんは私原谷と毎回会いますし、私の指導を受けます。

その中で、私という人間を感じ、学び、自分の成長の糧にしてもらうわけです。

それは、先々仮にアルバイトを何人雇おうが、変わらないため、

「塾長と合うか合わないか」という問題は避けられないのです。

したがって、『個人塾』は、『その塾をやってる人間が全て』と言い切れるのです。

 

 

そこに、お子さんが『個人塾に通う意味』があるのではないか、と私は考えています。

 

無論、目標は藤島高校・高志高校合格、難関大学合格です。

点数アップ・学年トップ獲得です。

 

が、その根っこの部分として伝わっていくものは。

きっと、それぞれの塾長さんや教室長さんの人間性と想いなのではないでしょうか。

 

ですから、私は『個人塾の塾長』として、

なるべく私という人間が少しでも読んでいる人に伝わって欲しい!

そう思いながら、日々ブログを書いています。

受験情報通には、ならない予定です。

(もちろん、書きますけどね。)

 

お父さんお母さんが個人塾に求めるもの。

それは。

・志望校合格

・成績向上

・etc

このetcの部分を忘れずに、塾をやっていく所存です。

 

これから『個人塾』にお子さんを通わせようか悩んでいるお母さん。

まずは、その塾をやっている人がどんな人か、見てくださいね。

きっと、実績や指導法と同じくらい、大切なものが見えてくると思いますよ。