疑問に思うか、否か

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

藤島高校・高志高校・高志中学校・福井大学附属義務教育学校

上位校合格専門塾 夢盟塾福井校の塾長です。

 

 

今日、理科2年の「消化」の単元を演習していた時の話。

 

原谷『何でこうなるの?って思うところとか、ない?』

生徒さん「…いえ、特には…」

原谷『例えば、脂肪って、わざわざ脂肪酸とモノグリセリドに分解されるのに、何で柔毛の中に入ったら脂肪に戻って、しかも毛細血管じゃなくてリンパ管で運ばれるんや?とかさ。』

生徒さん「あ、たしかに。何でなんですか?」

原谷『何でやと思う?自分なりにでいいから、考えてみ?』

生徒さん「はい………???」

原谷『…ほなしゃーない。話したろう。』

 

とまぁ、こんなやりとりがありました。

あ、ちなみにここではお話ししません。

気になる人は、自分なりの仮説を立てたうえで、調べてみてください。

 

ちなみに、この疑問に対する答えは、教科書には書かれていません。

ただ、「脂肪は脂肪酸とモノグリセリドに分解され、柔毛に吸収されたのち、リンパ管に入り全身に運ばれる」としか書かれていません。

これは、いわば『暗記事項』です。

 

が、その暗記をスムーズかつ正確に覚えるために大事なのは、

根本に対して疑問を持ち、理解しようとするか

という姿勢だと、私は考えています。

 

入試対策において、特に暗記の多い理科や社会では、

「とりあえず覚えろ!」と言われることもあるでしょう。

私も、テストまで1週間を切って切羽詰まった状態なら、そうします。

 

ですが、そういった「覚えればよい」という姿勢は、

藤島高校や高志高校、また福大附属や高志中では、到底通用しません。

「何故」を考える機会が、上位校の授業では頻繁に設けられます。

「何故」を考え、他の子と深め合い、結論を導き出す。

よく聞くでしょ?アクティブラーニング。それがこれです。

 

根本を考えようとする人間は、一見遠回りをしているように見えて、早く習得できるものです。

したがって、私はよく生徒に投げかけています。

 

『何で、こうなると思う?』とね。