休校期間中の勉強のススメ ~新中1①~

藤島高校・高志高校・高志中学校・福井大学附属義務教育学校

上位校合格専門塾 夢盟塾福井校の塾長です。

 

来週からも、福井市では休校が延長されることになりました。

『どうやって、どんな内容を勉強したらいいんだろう…』

と、ご不安なお子さんやご家庭も多いでしょう。

 

そんなご家庭のご不安にお答えするために、

今日より、シリーズ記事

『休校期間中の勉強のススメ』

をスタートします。

参考までに、どうぞ。

 

第一回の今日は、入学間近の新中1の勉強のススメ。

テーマは、「今やっておくべき小学校の復習」です。

 

上位校受験を数多く見てきた私が思う、中学入学前に第一に習得しておくべきスキル。

それはズバリ…

 

 

『計算能力』

 

 

です。

 

 

え、そんだけ?

えぇ。それが第一です。

 

数学がニガテになる子のほとんどは、計算が下手くそです。

「ニガテ」なのではなく、「下手くそ」なのです。

 

特に、以下の特徴がある子。

 

・桁(0…、または0.0…)を正しく合わせるのが下手

・分数の計算が、とにかく下手

・何算だろうが、すぐ筆算しちゃう

 

この3つの特徴のうち、2つ当てはまる子は、残念ながら「計算下手」です。

「計算下手」は、極めて高確率で数学のスタートで躓きます。

が、その原因が小学校範囲にあるとは思いもしないので、根本が解決しないまま、授業だけが進んでいきます。

 

ですから、「数学を何とかしたい!」と思う子は、小学校の計算ドリルを引っ張り出して、

・小数のかけ算・割り算
・分数の足し算・引き算・かけ算・割り算

この単元を繰り返し解くことをオススメします。
その際は、以下のことに注意。

・筆算を極力用いない(2桁の加減、2桁×1桁くらいは暗算に挑戦)

・間違えた問題は、どこが間違っていたのか、原因を究明する
自分では原因が分からない場合、お家の人にみてもらおう

 

これだけで、中学校数学のスタートで躓く危険性は、グンと下がります。

計算はバッチリ!という子は、文章題・図形問題に挑戦しましょうね。

 

夢盟塾福井校では、新年度スタート準備を全力でバックアップします。

4月休校期間特別授業をご希望の方

お問い合わせはこちら