休校期間中の勉強のススメ ~新中3①~

藤島高校・高志高校・高志中学校・福井大学附属義務教育学校

上位校合格専門塾 夢盟塾福井校の塾長です。

 

今回の勉強のススメは…

お待たせしました。新中3編です。

今日は、新中3の皆さんに是非やって欲しい、英語予習・復習を紹介しますよ~!

 

さて、この1カ月やっておきたい英語予習・復習を考える上で、

「今、自分にはどれくらい英語の力があるのか」

ということを、正しく知っておく必要があります。

 

直近の実力テストの結果を振り返って、次のどのコースに取り組むべきか、まずは平均点をもとに診断しましょう。

・~平均点±0点 → 英単語・基本文暗記コース

・平均点±0点~+20点 → 基本文法徹底演習コース

・平均点±20点~満点 → 文法予習・長文読解演習

ざっと分けるとこんな感じ。

一つずつ、内容を案内していきますね。

 

①英単語・基本文暗記コース

まだ平均点に到達していないアナタは、もっと英語そのものに慣れましょう。

1年生のUNIT1から順番に、単語・本文丸暗記をひたすらに行います。
※本文の日本語訳が欲しい人は、夢盟塾にご相談ください。
 改訂前のものであれば、まるっとご用意しますよ。

本文丸暗記が厳しい場合には、まずは基本文だけでもOKです。
日本語 → 英語 に反射的に訳せるよう、繰り返し書きましょうね。
ノートでもチラシの裏でも何でもよいので、とにかく書き殴ること!

1カ月で2年の授業終了範囲まで暗記できれば、GJ(GoodJob)!
日本語→英語にしっかりと慣れて、安心して文法演習に取り組めますよ。

 

②基本文法徹底演習コース

平均点は行くんだけれど、そこからがイマイチ…というアナタ。
きっと、文法面での不安が大きいのではないでしょうか。

・疑問詞(5W1H)を使った文を自在に書けるか、答えられるか
・時制(現在形・現在進行形・過去形)を意識できているか
・名詞の単数複数、またそこからくる三単現のsを意識できているか
・助動詞や不定詞ののときの"動詞の原形"を意識できているか

特にこのあたりがあやふやだと、

「自信を持って解答したはずなのに、たくさん間違え(減点され)てる…泣」

ということになります。

1・2年生の時の学校ワークで十分ですから、
もう一度1年生後半あたりから順番に解きなおすことをオススメします。

その際には、厳しい目で丸付けしましょうね。
自分に甘くなると、上達するものもしませんよ。

 

③文法予習・長文読解演習

平均点+20点オーバーのアナタは、文法面の不安は少ないはず。
(もしあれば、しっかりと復習しておきましょうね。)

アナタは3年生の重要文法である『現在完了』と『関係代名詞』の予習をしてしまうとよいでしょう。
これらをマスターしてしまえば、中学校レベルの大抵のレベルの長文が読めるようになります。

英語長文読解上達のコツは、まずは『慣れ』です。
入試までに、より多くの長文問題に取り組んだ者が、高得点を獲得します。

そのためには、まずは一人で長文を読む機会を作ることが肝心なのです。

勿論、中1・中2レベルの知識で読めるように作られている長文もありますので、
予習に自信のない人は、そういった教材を探してみてください。

ちなみに。

文法予習はしんどい…という人も、動詞の活用『過去分詞形』だけは覚えておくと吉です。
過去形の不規則活用を覚えるのに時間かかったんだよな~…という人は、早め早めに覚えておくと、後が楽ですよ♪

 

ということで、新中3の英語勉強のススメを、レベル分けして紹介しました。

授業再開時に、生まれ変わったアナタを披露して、友達の度肝を抜いてやりましょう!