休校期間中の勉強のススメ ~新中3②~

藤島高校・高志高校・高志中学校・福井大学附属義務教育学校

上位校合格専門塾 夢盟塾福井校の塾長です。

 

今回の勉強のススメは、新中3編その2。

完璧にしておくべき数学単元を、根拠を踏まえてお話しします。

 

中3授業がスタートする前にマスターしておくべき単元。

それは…

 

①一次方程式 特に文章題

②関数 比例反比例・一次関数

 

だッッ!!

 

…なぜか?

答えは明白。

中3になったら、すぐに使うからです。

 

一次方程式は、平方根・二次方程式の土台として使用。

比例・反比例・一次関数は、進化して二次関数に。

 

それぞれ、より難しい単元となって、皆さんの前に立ちはだかります。

よって、これらがニガテな子は、必然的に授業についていけなくなります。

いやですよね?そんなの。

 

ですから、授業が本格的にスタートする前に、

学校ワークの上記単元を、何度も解きなおしておくことをオススメします。

 

ん?

どこからか、疑問の声が聞こえますね?

 

「図形めちゃくちゃニガテなんだけど、やらなくていーの?」

 

そうですね。最優先事項では、ありません。

やるにこしたことはありませんが、今でなくても結構です。

 

図形は、中3の「相似」と「三平方の定理」を以てして、全くの別物と変わります。

2年生までの範囲を完ぺきにすることも重要なのですが、結局、受験期終盤に問題の性質がガラリと変わってしまうのです。

 

それに対し、二次関数までの単元は、中3夏までに勉強したことが、そのままの形で問題として出されます。

よって、実力テスト、模試、そして入試でコンスタントに点数源になってくれるのは、

「方程式」と「関数」 であると断言できます。

完成を急ぐなら、「図形」ではなくこいつらです。

 

夏までの授業にバッチリついていけるように、

この一月のうちに、「一次方程式」「関数」を完ぺきにマスターしておきましょうね。

そうすれば、高志・藤島合格も近い!?