休校期間中の勉強のススメ ~新中3④~

藤島高校・高志高校・高志中学校・福井大学附属義務教育学校

上位校合格専門塾 夢盟塾福井校の塾長です。

 

ついに(?)、新中3への勉強のススメが完結!

さみしいですねぇ…え?そんなことはない?

 

今回は、理科・社会編。

と、言いましても、内容はいたってシンプル。

予習をすべきか、復習をすべきか、この一点について、お話しします。

 

 

まずは、理科。

こいつはですね…復習が吉です。

3年内容の予習は、しなくてもよいでしょう。

 

理由は2つ。

①イオン(化学)と遺伝(生物)のどちらからスタートするか、分からない

②予習したとしても、独学で完全に理解するのが難しい(特にイオン)

 

時間を費やしても、「分かったような、分かっていないような…?」という中途半端な状態になる可能性が大です。

それよりも、2年生までで、特に苦手な単元をピックアップして、集中的に復習するほうがよいです。

特に、1・2年生の化学分野、1年生の力の分野などは、忘れているかつ苦手な人も多いでしょう。

3年生の学習内容にも大きく関わりますので、対策を打つなら今のうち、です。

 

 

最後に、社会。

こいつは…歴史予習→歴史・地理復習の流れがスムーズでよいです。

歴史は、明治時代半ばまで授業が進んでいる学校が多いと思います。

そのまま予習を進めて、戦後まで一通りやってしまうと、その後の復習もやりやすいです。

うろ覚えな部分を含めて、改めて学校授業で学びなおすと、強くインプットされますよ。

公民予習は、まだ急がなくても大丈夫。

それよりも、地理・歴史の基礎知識を固めることの方が重要です。

 

地理を復習する場合は、世界の州、日本の地方をひっくるめて、

苦手な地域に優先順位をつけて、一つずつ集中的に復習しましょう。

歴史も同様です。

ニガテな時代に優先順位をつけて、一つずつ集中的に、ですよ。

あまり慌て過ぎず、自分がニガテだと感じる単元に力を注いでくださいね。

 

理科・社会ともに、授業スタートまでに「全然手が付けられない単元」がないようにしておくと、夏からの受験期がかなり楽になりますよ(*^-^*)