次世代っぽい教育風景

藤島高校・高志高校・高志中学校・福井大学附属義務教育学校

上位校合格専門塾 夢盟塾福井校の塾長です。

 

今日は金沢の方へ。

久々の教室に顔を出してみると、何やらいつもと違う勉強風景が…

 

 

ipadじゃん!

何遊んでんだよ~!!

 

…ではなく。

これは、高校からの支給物。

そう、私立星稜高校では、全生徒へのipadの支給がいよいよ始まったのです。

テキストや教科書の一部もデジタル化され、タブレットを介して課題の受け取り・提出まで行うのだそうな。

 

はえ~、なーんか、次世代の教育っぽくなってきましたねぇ。

どーやって課題提出するのか、見てると…

 

デジタル化された問題集を見ながら、ノートに問題を解く。

→できたら、タブレットで写真を撮る。

→先生宛にフリック操作で送信する。

 

…うーん。なんか、アナログ感が残る。笑

まぁ、マトリックスの世界みたいに、脳みそに直接データ書き込んで学習する時代はまだまだ先でしょうから、今はまだこんなもんでしょう。

そのうちは、タブレット一つで全部できるようになるのでしょうかね。

 

 

そして、タブレット支給による、新たな質問(?)が。

 

「先生、Wi-Fiのパスワード教えてください!」

 

なんじゃそりゃ!

でも、通信環境が無いと課題の提出ができないんだそうな。

まー、しゃーない。特別やぞ!!

 

「先生、僕にも教えてください!」

「私も私も!」

 

…Wi-Fi乞食か。君らは。

カフェじゃねーんだぞ。笑笑

 

とまぁ、次世代の教育の香りを感じた1日でした。