国語の家庭学習時間

国語の力で藤島高校・高志高校・福井大学附属中学校を目指す

夢盟塾福井校 塾長の原谷です。

 

小中学生のみなさん、お家でどれくらい国語の勉強しているんでしょうか。

気になりませんか?

気になりますよね。

 

小学5・6年生の、家庭学習の平均時間は、1日およそ90分。

中学1・2年生の家庭学習の平均時間は、1日およそ90分。

受験期の中学3年生になると、平均時間は1日およそ3時間半。

 

この中のどれくらいの時間を"国語の勉強"に費やしているのでしょうか。

単純に教科数で割ったとすると、1日当たりの国語の家庭学習時間は、

 

◆小学5・6年生 ⇒ 1日22.5分

◆中学1・2年生 ⇒ 1日18分

◆中学3年生 ⇒ 1日42分

 

ということになります。

みんな、これくらいは、国語に家庭学習の時間を割いている、ということになりますね。

…計算上は、ね。

 

残念ながら、国語は軽んじられやすい教科です。重んじるべきなのにね。

この計算上の数値よりも、もっともっと少ないと、私は感じています。

実際のところ、ゼロ、という人が半数以上でしょう。

学校の漢字ドリル・ワーク・漢検の勉強以外はやったことがない、というところです。

少なくとも、私と出会う前から、「家で国語めっちゃ勉強してます!」という子には、まだ会えていません。数学や英語はたくさん見ましたけどね。

大抵の人には、「家で国語の勉強やったことないです」と言われます。

 

そう、みんな、やっていないのです。

他の教科と同様、またはそれ以上重要な国語の勉強を!

家では!全くと言っていいほど!

何ということか!OMG!

 

 

裏を返せば。

 

「一日30分でもいいから、国語の勉強に時間を割けば、絶対に人よりも点数が取れるようになる」

 

ということです。

 

 

一日30分。続けるだけで、国語ができるようになる。

 

ワクワクしてきたでしょ?

 

次回は、一日30分!家庭でのオススメ国語勉強法について、お話ししますね。

 

ちなみに。

夢盟塾では、塾に来るたびに国語の勉強をします。国語専門塾ですからね。当たり前です。

正しいやりかたで、読む・書く練習を継続する。

そうすれば絶対に、点数が取れるようになります。

 

興味のある方は、まずオンライン指導『鉄の国語』の受講をオススメしますよ。

今解き教室ONLINE 鉄の国語