【要約】100字で、伝える

国語を上げて 藤島高校・高志高校・福井大学附属中学校 に合格する塾

国語専門塾 夢盟塾福井校 塾長の原谷です。

 

今日は、私の授業でやっている、国語の勉強について、ちょっぴり紹介。

 

読解問題に取り組むたび、100字要約をやっています。

何度も言いますが、"まとめる"という勉強は、国語の力を全て使った、総合練習です。

「これさえやっていれば」と断言できる、数少ない勉強法かもしれませんね。

 

今日、生徒が書いてきた要約。

文章のテーマは、「政治とお金」。大人でも読むのが嫌になりそうな文章です。

さて、どうでしょう。

どうです?

文章の内容が「伝わる」でしょう?

どうしたら、こんなに難しいテーマを、こんなに分かりやすく要約できるようになるのでしょうか。

 

 

私が生徒たちに要約をさせるときには、

「その文章を読んだことがない人に、内容を100文字で伝えよう

というコンセプトで取り組んでもらいます。

 

すると、です。

「何を書くか」「何を書かないか」という文の選別の質が、グンと上がります。

 

これを書かないと、話題が何か伝わらないよな」

これを書くと、もっともっと説明しなきゃいけなくなるな」

こことここを繋げてやると、話の流れが分かりやすいよな」

一番伝えたいことは、この部分だよな。」

 

と、自分でたくさん思考をするようになります。

 

できた要約を私が読んで添削するときの視点も、同じです。

「伝わるか、伝わらないか」

その一点を、とにかく突き詰めていきます。

もちろん、日本語が正しいかどうかも見ますよ。

 

要約というものは、指定字数でまとめてはいお終い、では効果が半分以下です。

「伝わるか、伝わらないか」までを意識して、やる、見てもらう。

簡単に見えて、なかなかに奥が深い勉強法なのです。

 

100字要約、やってみたい!できるようになりたい!

そんな小中学生の皆さん、是非一度、原谷の授業を受けてみてください。

文章に対する見方が、180度変わりますよ。

オンライン国語読解指導『鉄の国語』でお待ちしております。

今解き教室ONLINE 鉄の国語