純文学を抜粋した読解問題

福井市の国語に強い学習塾

夢盟塾福井校 塾長の原谷です。

 

 

今日、オンラインで国語読解をしていたときのお話し。

文学文の読解をしていたんですが、なかなかにハードな問題に出くわしました。

 

 

ハードなポイント①

暗喩や示唆、自己投影、情景描写のオンパレード

川端康成の『十七歳』の一部分が題材だったのですが、純文学と言っても差し支えないでしょうか。

とにかく、芸術性の高い文章というものは、心情や結末に関して、直接的に文章で表していないことが珍しくありませんよね。

読み慣れていないと、景色や人間以外の生物の動きが何を示唆しているのか、というところまではなかなか捉えるのは難しいです。

ま、それはそれで、

「この鉛筆の芯を運んでる一匹アリは、何を暗示してると思う?」

みたいな感じで、対話しながらの読解指導は大変盛り上がりましたよ。

 

 

ハードなポイント②

一部分の抜粋のため、前提となる背景と、物語そのもののオチが分からない

これは、物語の芸術性や難解さに関係なく、読解問題全体に対していえることでしょうか。

一部分だけでは状況を整理しきれないことって、結構あるんですよね。

今日だと、

「ん?姉妹で医者にかかってるの?でも、病気で入院してるのは、妹さんだけだよね?お姉さんは、病気じゃないの?」

と、状況が呑み込めなかったので、全編のあらすじを調べてみると、「姉は妊娠して出産間近だ」とか。はー、なるほど。

結局この妹さんはこのまま病気が悪化してしまうのだろうか…と思いきや、最後は快方に向かうことが示唆されて終わる(示唆どまりなのが芸術ポイント)とか。

解答に直接的に関わるわけではないかもしれませんが、やはり問題を解いていても、全容が捉えがたいと何だかモヤがかかった気分になりますよね。

かといって全編載せろということではないのですが…読解の奥深いところの一つです。

 

 

と、こんなちょいと難しい問題だったとしても、小中学生のお子さんと私で、PCの前で対話しながら読解問題を進めていく。

それが、国語読解オンライン指導『鉄の国語』です。

自分で言うのもなんですが、マジで面白いです。おすすめ。

今解き教室ONLINE 鉄の国語