語彙力が正しい文を生む

福井市の国語に強い学習塾

夢盟塾福井校 塾長の原谷です。

 

 

先日、国語読解の指導で添削した文を紹介します。

皆さんも、違和感を覚えるポイントを探してください。

 

 

「犬は、人間に飼われ始めてから、人間がなわばりだと思い守るようになった。」

 

 

さて、私が、違和感を覚えたポイントは、どこでしょう?

 

 

 

 

 

 

人間がなわばりだと思い  ←ここです。

 

『なわばり』って、その生物やグループにとってのテリトリー(領域)、つまり場所を指しますよね?

『人間』は場所ではないですから、それを『なわばり』とするのは、誤りなのでは?

と、感じたわけです。

 

実際に模範解答では、

 

「犬は飼い主が住む家をなわばりだと思い、守るようになった」

 

と書かれており、やはり

なわばり ⇒ 場所

という正しい対応ができてこそ、正しい文になるよね、とお互いに納得したわけです。

※「が」や「を」といった助詞の正しい使い方も関わりますね。

 

 

 

 

タイトルにあるように、正しい文を書けるかどうかの決め手になったのは、「語彙力」です。

『なわばり』という言葉が、場所を指す言葉だと知っていれば、誤った文を書いた際に、

「あれ、人間って、なわばりになるのか…?」

と、立ち止まって考え直すことができるはずなのです。

 

語彙力が正しい文を生む、と断言します。

語彙力がない子は、絶対に、正しい文を書くことはできません。

そして、文章を正しく読むことも、できません。

兎にも角にも、語彙力は重要なのです。

 

 

だ・か・ら。

語彙力を鍛えるYouTbeチャンネルを開設するのです。

楽しみに待っててくださいね。