微動だにしない上位層

福井市の国語に強い学習塾

夢盟塾福井校 塾長の原谷です。

 

藤島通りに身を置いていると、いろんなものが見えてくる。

 

一昨日、藤島通りのスターバックスに行ったときのこと。

ドライブスルーに入りながら、チラッと見えた店内には、

真昼間から席を埋め尽くす、学生、学生、学生。

藤島高校が、昨日まで定期テスト期間だったからでしょうか。

みんな息抜きがてら、カフェで一服しながら駄弁りたいんですよね。

耳を傾けてみると、「今日のテストについて」のお話しがあちこちから聞こえてきました。

 

 

…それでいいの?

あ、いや、余裕の表れならいいんですけどね。

もはや、テスト前日にやることなんて何一つないよ、という。

 

まぁ、大半の子はそうではないでしょう。

「明日のこともやんなきゃだけど、まずは一服でもしなきゃやってらんないぜ!」という気持ちなんでしょうね。

 

それ自体をどうこう言うつもりはありません。

強いて言えば、日頃からスタバに通えるなんて、学生時代の自分と比べたら、ブルジョワジーだなぁなんて思うくらいです。(そもそも、あのころはスタバなんて行ったこともありませんでしたが)

 

しかしながら、上位校でさらにトップに位置する子たちは、

きっとその空間にはいないのだろうな、と予想はしました。

 

スタバがあろうがなかろうが、友達に誘われようが誘われまいが、

上位校のさらに上位層は、微動だにせず、翌日の準備を淡々としています。

自分の学生時代、そして塾講師の経験から、断言します。

 

「他の子を出し抜こう」などと打算的なことを考えるまでもなく。

「テスト期間はいつも以上に勉強するもんだ」と、無意識的に行動しているのです。

 

「スタバ行こうぜ!」なんて誘われようものなら、

「オレは帰って明日の勉強するわ」と。

※ちなみにこれを言われて友情を損なったなんて思う人は、自分を中心に世界が回っていますね。

 

まるで微動だにしないんですよ。

「本物の上位層」は。

 

 

私は、「藤島高校・高志高校といった上位校にたくさん合格させたい」と思っていますが。

それと同時に、「藤島高校・高志高校といった上位校で上位層に入る子を育てたい」と思っています。

そして、その土台作りは、小中学生の頃から、スタートしているのです。

 

この夏。

コロナ禍の中で迎える、初めての夏。

何かを無理強いしたり、煽ることは、一切しません。

しかし、「本物の上位層」になりたいと思う子がいれば、

その力になりたいと、心から思っています。

夏期特訓2020『国語の夏』