【書籍紹介】僕たちはまだ、仕事のことを何も知らない。

福井市の国語に強い学習塾

夢盟塾福井校 塾長の原谷です。

 

 

隙間時間を見つけては、古本屋さんに通っています。

自分が読む本を探すという目的もあるのですが、それ以上に、生徒や世のお子さんに読んでもらうための本探し、という目的もあります。

お世辞にもお金を持っているとは言えないので、大抵はワゴンセールの中からお宝探しをしているわけですが。(苦笑)

 

が、今日は。

前々から置きたいと思っていた本がたまたまあったので、思わず購入。(今年出版された本なので、流石にワゴンセールではなかった…)

それがこれ。This is it.

 

学研から出版されている漫画本。

『僕たちはまだ、仕事のことを何も知らない。』

 

 

是非実際に手に取って読んでもらいたいので、あまり多くは語りません。

端的に言うなら、「就職するって、どういうこと?」という、学生みんなが漠然と抱えている疑問を、分かりやすく、そして熱く解決してくれる、"就職活動のバイブル"です。

 

“就職活動"と聞くと、みなさん大学生活も後半に差し掛からないと、イメージ湧かないんじゃないの?と思うでしょ?

そうではありません。

「自分の将来」について考え始めたその瞬間から、その人の"就職活動"は始まっている、と言えるでしょう。

 

そんなことを言えば、あたかも"就職活動"を急かしているようにも思われますね。

それもまた、違います。

むしろこの本は、「近年激化する、就職活動の激化に対するアンチテーゼ」として書かれています。

 

 

働くって、どういうこと?

就職って、どうやってするの?

どうやって会社を選べばいいの?

 

 

そんなやんわりとした疑問に答えてくれますから、むしろ中学生や高校生向けの本だと言えます。

もちろん、大学生にも是非読んでいただきたいですし、実際、私も学生の時に読んでおけばよかった!と心底思う一冊です。