1年後の君(藤島高校・高志高校受験生)へ

昨日は、今年の受験生に向けてのアドバイスでした。

今日は、来年の受験生に向けて、アドバイスしましょう。

 

一年後、藤島高校・高志高校を志望しようと考えている中学2年生が、今、何をすべきか。

それをお話ししましょう。

 

 

第1にやらないといけないのは、英数の予習です。

もちろん、定期テストの勉強は最優先してください。

定期テストが終わった後の春休みや、テストまで時間のある今の時期。

この時期に、もりもり予習してください。

あ、もちろん、英数苦手な子は徹底復習です。

 

 

英数の予習をおススメするのは、3つ理由があります。

 

 

理由①

早く英数の入試に取り組んでほしいから。

理由②

英数が得意だと精神的に安定するから。

理由③

予習に慣れてほしいから。

 

 

①について。

まず、福井県の英語は、ここ数年で文章量がどんどん増えています。

単語数でいえば、500語以上の長文を二つ。

さらに、グラフ・表の読み取りも絡み、長文読解への慣れが必要になっています。

入試レベルの長文を読むためには、中3レベルの文法・語彙が必要不可欠。

ということで、文法・語彙の予習は、夏までに終わらせてしまった方が得策です。

数学も同様の理由です。入試数学は、定期テストや実力テストとは違い、経験がものを言います。

特に、三平方まで含めた平面・空間図形などは、学校授業が終わってからやり始めても、到底間に合いません。

ということで、数学も知識・基礎技術は先に固めて、あとは実戦形式で経験を身につけていくのが効果的です。

 

次に②について。

これは精神論も入りますが、英数が得意だと、安心します。

どちらも得意な人って、大抵定期テストの合計点、高いでしょ?

理社は直前でも何とかなる!!という意見があります。

これが正しいかの是非はさておき、逆に言えば「英数は直前では無理」という意見でもあります。

英数が得意なら、こういう意見も跳ね返せます。

精神的安定、受験においては侮れませんよ。

 

 

最後に③です。

英数の予習ばかり書きましたが、最終的には理社も予習が必要です。

学校で習ってなくても、11月中に終えるのが理想です。

しかし、理社の予習って、ちょっとやりにくいんですよ。

なので、この時期を使い英数の予習をすることで、「予習の練習」になります。

この練習で「予習力」を鍛え、秋に理社の予習を出来る状態にします。

 

 

……アレ?

国語は?って顔されてますね?

国語については、また後日、書くことにしましょう。

 

 

藤島高校・高志高校受験、そして合格、そんなに甘くないです。

天才ならいざ知らず、定期テスト400点450点くらいの普通の子であれば、努力が必要です。

(天才は、勉強せずとも450点以上を楽々とる)

いわんや、400点未満であれば、より一層の努力が必要です。

受験まであと1年、頑張っていきましょう!

 

 

あ、そうそう。

今日のタイトル、ある漫画の第1話タイトルをオマージュしています。

そう、10年以上連載し、もうすぐ完結を迎える、あの話題作です。

ヒントこれ。

分かるかな??