入試に出るかも⁉ 福井に所縁のある偉人

入試直前の祝日ということで、受験生のみなさんガリガリやってますかね。お疲れ様です。

ちょっとした息抜きをどうぞ。

 

先日、保護者の方からこんな差し入れをいただきました。

 

ー越前戦国武将珈琲シリーズー

なんやこれ!めっちゃ渋いやんけ!(コーヒーだけに)

珈琲愛飲家なんで、マジでうれしいっす!

 

せっかくなので、商品紹介と一緒に、福井に所縁(ゆかり)のある偉人を見ていきましょうか。

もしかすると、高校入試に出るかも!?

中学入試はこういうのよく出るんで、小学生のみなさんも、是非学んでいってください。

 

まず、左上から。

★義景エメラルドマウンテンブレンド

柔らかく豊か 格調高く繊細 秀麗な味

 

(あかん……商品説明読むだけで笑えてくる……笑)

はい、言わずと知れた福井を代表する戦国武将、朝倉義景(あさくらよしかげ)ですね。

昨年の大河ドラマ『麒麟がくる』では、ユースケ・サンタマリアが義景を演じていました。

歴史上、目立った活躍は……うーん。ハッキリ言って、あまりないですね。

浅井と結託して、織田を追い回していた印象です。それも、最終的には本拠・一乗谷を焼き討ちされていますからね……

ただし、長い間一つの拠点を持ち、一族団結してこれを守っていたという点は、高く評価できますね。

福井県民としては、観光資源として一乗谷を遺してくれたこと自体が大きな功績だと言えるでしょう。

 

 

★光秀モカブレンド

上品で爽やか 甘く深く芳醇 両極の味

 

先ほども話に出た『麒麟がくる』で、まさに麒麟児の主人公として注目を浴びた明智光秀

長良川の戦いにて主君(?)である齋藤道三が討たれた後、窮地を逃れるために朝倉を頼って越前に移り住んだ時期がありました。

そんなわけで、福井にも所縁があった光秀。

彼の武将人生の最期は皆さんもご存知の通り。

本能寺の変にて織田信長を死に追いやった後、主君の訃報を聞き中国地方より急ぎ戻ってきた(中国大返しってやつですね)羽柴秀吉京都・山崎で激突し、敗走。

逃げ帰る山中で、農民による落ち武者狩りに遭い、竹槍にて討ち死に、というあっけない死を迎えました。

ちなみに、三日天下という言葉がありますが、厳密には光秀が信長を討ってから秀吉に敗れるまでの期間は、13日ほどだそうですよ。

 

 

★勝家グァテマラブランド

多彩な風味 重厚な存在感 男気の味

 

織田家の家臣の中で最も勇猛果敢な武将といわれた、柴田勝家

先ほど話にでた一乗谷の戦いでも功績を上げた勝家は、越前国および北庄城(今の福井県庁があるあの城跡です。)を与えられました。

さらに、加賀の一向一揆を平定するために、北陸方面軍司令官に任じられ、100年続いた一揆を平定させたという、優れた軍人だったのです。

本能寺の変後、信長亡き後の権力者の座を秀吉と激しく争いましたが、賤ケ岳(滋賀県)での戦いに敗れた後、お市の方(信長の妹)とともに燃え盛る北庄城にて自害しました。まさに漢、ですね。

 

 

こちらは戦国武将ではないですが、個人的に好きなので紹介。

★春嶽ブルーマウンテンブレンド

高貴な香り 優しさと力強さ 調和の味

 

越前国福井藩における最後の藩主であり、明治維新後は政府の大蔵卿(現在の財務大臣)も務めた、松平春嶽

福井の偉人トップランカー間違いなしでしょう。

 

★公正ケニアブレンド

深煎りのコク パンチの効いた 庶民の味

 

ラストは東京都知事にまで昇りつめた男、由利公正(きみまさ・こうせい)

生まれ故郷である福井藩にて財政学を学び、思想家・橋本佐内坂本龍馬らと交流を深め、維新後は明治政府の役人として新しい世づくりに貢献しました。

五箇条の御誓文の原文も、由利公正が書いたそうです。

その後、東京都知事に就任し、岩倉使節団メンバーとして欧米へ渡航し、帰国後は板垣退助らと共に民撰撰議院設立の建白書を提出しました。

多くの福井人の中で、最も国の中心にいた人物、といっても過言ではないですね。

 

 

といった具合で、福井の偉人について楽しく学びました。

必答語句も散りばめられていますので、忘れているものがあれば、必ずチェックしておきましょうね。

やっぱ、歴史の勉強は……最高やな!