結果と努力の両輪

いよいよ。

明日・明後日です。

福井県立高校入試。

 

 

今年度はいろいろあって、スタート時に想定したよりも少ない塾生になりましたが、それでも全員、高志・藤島にチャレンジします。

もはや多くは語るまい。ご武運を。

 

うちの子達にはこれで十分なのですが、せっかくなので、未来の高志・藤島を受ける中学生、その親御さんに、彼ら彼女らの姿を通して、メッセージを。

 

 

『結果が大事か、努力(過程)が大事か』

 

勉強やスポーツをやっていると、必ずといっていいほど挙がる議題。

結果が全てであり、結果が出なければ努力しても意味がない、という人もいます。

努力そのものが尊いのであり、結果はどうなっても関係ない、という人もいます。

画面の前のお母さん方はどのようにお考えでしょう?

 

この質問に対する答えは、上のように二極化されるものではないはずです。

私の考えは、

『結果に向かおうと努力することが大切』

です。

 

「努力すること」は美徳ですが、努力そのものを目標にして、何かを成すことはできません。それはもはや趣味・娯楽であり、自分の人生を拓くための努力とは少しずつ離れていきます。

「結果」だけを求めたとき、人は近道をしたがるものです。近道をしたときに自分の人生の目的を見失うかもしれない。次第にやる気も失せていきます。

 

大切なのは、「結果に向かおうと努力すること」です。もしかするとその時には努力が報われず、望んだ結果が得られないかもしれません。しかし、結果を得ようとやった努力はかならず残り、次の結果に結びつく力となります。

 

受験勉強とは、とどのつまり、「合格を求めてする勉強」であり、"合格したいと思わなければ成り立たない"反面、”努力した結果、合格しようがしまいが、それ自体は大きな問題ではない”、と言えます。

 

だから私は、毎年毎年矛盾したことを言っています。

 

「上位校合格を目指せ。絶対に勝つ気でやれ。」

「結果的に合格しなくても、勝てなくてもいい。どっちにしても、次、勝とう。」

 

この一見矛盾して見える姿勢こそが、受験勉強をする親子に求められる姿勢です。

 

今年、うちに来た受験生たちはどうだったのだろうか。

「藤島・高志合格に向かって努力できた」のだろうか。

 

みんな、年末から今日までの2か月間だけでも、これだけやってきました。

それまでの分も合わせると、床から腰の高さ位になる子もいます。

 

これが、「藤島・高志合格に向かおうとする努力」です。

うちに来たら、みんなこうです。

これだけやったから、入試本番、自信を持って臨めます。

 

『自分に自信を持って、藤島・高志を受験したい!』

 

そう思っている中学1・2年生のみなさん。

お力になりますよ。

ただ、あんまりたくさんは見れないんで、お考え中の方はお早めに。

 

お問い合わせはこちら